ジャージコンテスト:エントリーチーム

サイクルジャージコンテスト:今年のエントリーチーム一覧

エントリー作品(先着順)

Entry No.1 神奈川ランチライド会

ジャージコメント

美味しい物を求めて、何処へでも走り回って食べまくる様子を、海賊をイメージして海賊旗ならぬドクロとフォーク、ナイフをアイコンとして使用して遊び心一杯にデザインしました!
ポケットに入ったフォーク、ナイフやショーツのメッセージと赤いドクロは前傾した折に後ろを走る方にチラチラ見えます!

チームPR

神奈川県内のB級グルメを求めて自転車で走っています
のんびり、ゆっくり(?)と美味しいものを求め食べ歩きします
現在126名の会員がFacebookで情報交換しながら活動中です!

facebookページの投票はこちら☞

lunch_1lunch_2

Entry No.2  神谷町CyclingClub

ジャージコメント

東京タワーの近くにある高校の元部活メンバーで発足しました。
そのため、背中には東京タワーのシルエット。そしてチーム名は最寄りから取りました。
ご当地ジャージの様な作りにしました。

チームPR

高校時代からのメンバーが多く、みんな和気あいあいと活動しています。年に一度、榛名山ヒルクライムにメンバー全員で出場しています。その他、グルメサイクリングを楽しんだり、ヤビツや奥多摩などでトレーニングに励んでいます。

facebookページの投票はこちら☞

Entry No.3  多摩ニュータウン自転車部

ジャージコメント

自然豊かな多摩地区のイメージに、ほんのり野性味を加えて甘辛くデザインしてみました。

チームPR

通称「多摩にゅ」と申します。
主に東京近郊の山の中で活動しているようです。
時々スイーツを求めて人里に下りてくることもあります。
モットーは家庭大事に。
休日の午後はご家族や大切な人との時間を過ごすため、早起きに定評のあるサイクリングチームです。

facebookページの投票はこちら☞

保存

Entry No.4  茨城シクロクロスレーシングチーム

ジャージコメント

茨城シクロクロスレーシングチームのチームジャージには、茨城を拠点に広い自転車ワールドへ、レース運営・レース活動を通して羽ばたいていきたいという思いをこめています。
グリーンは茨城の豊かな自然と農地を、ディープブルーは茨城の海と湖、太平洋と霞ヶ浦を表しています。その風光明媚で自転車のトレーニングにもレースコースにも適した大地に、私たちの情熱を赤色で添えています。

チームPR

「茨城シクロクロス」シリーズの運営スタッフを中心とした、2016年結成のシクロクロスチームです。レース活動を通じて、茨城や「茨城シクロクロス」シリーズの魅力をたくさんの方々に伝えていくことをめざしています。
チームにはマスターズで活躍する選手から小学校低学年まで幅広い世代の11名の選手が所属し、レース運営では参加選手みんなが楽しめる最高の大会を作るため、レース活動ではカテゴリー1からCKクラスまですべてのカテゴリーでトップクラスめざし、チームワークを発揮していきます。

facebookページの投票はこちら☞

cx_racing_team_1cx_racing_team

保存

Entry No.5  PHANTOM湘南

ジャージコメント

PHANTOMとは「亡霊」や、オペラ座の怪人を意味しています。「闇夜に颯爽と現われるオバケ」の如く、自分たちは湘南の怪人でありたいと、そのイメージをジャージデザインに表現しました。左肩にストライプを入れてシャープさを、右肩から袖にかけて、百合の紋章(フルール・ド・リス)を。マントの影にこっそり水玉を(ほとんどのメンバーがヒルクライマー)左脇のPにはピカッと輝きを。一つ一つに意味を持たせ、メンバー全員意見を出し合って作りました。

チームPR

湘南エリアを中心に、実業団ロードレースで活動するサイクルロードチーム『PHANTOM湘南』です。JBCF(全日本実業団自転車競技連盟)に実業団登録したチームは、茅ヶ崎市内で2例目です。
現在の日本では、プロのロードレーサーとして、生計を立てる事はまだまだ難しく、昼間はサラリーマンとして、夜や休日は実業団レーサーとして二束の草鞋で活動する、モチベーションの高い選手の集まりです!最強のアマチュアレーサーを目指して、地域密着型のチームとして、皆さんに可愛がって頂けるよう精進して参ります。どうぞご声援、ご協力宜しくお願い致します!

facebookページの投票はこちら☞

保存

Entry No.6  ダブルリング

ジャージコメント

ダブルリングの呼び名通りに、輪を大切にしてます。 胸のハート型チェーンのマークや、ピンクと赤で、ユニセックスなジャージデザインにしました。

チームPR

6年ほど前から、神奈川を拠点として活動してる和気藹々とした仲間です。
女性メンバーも募集しています。

facebookページの投票はこちら☞

保存

Entry No.7  笑ってクルクル

ジャージコメント

夜走ることの多いメンバーの希望で背中は白で目立つように。
カッパ大明神と呼ばれる管理人なのでカッパのキャラクターと大好物のきゅうりを配置。
チームジャージは目立ってどこか面白くないとつまらないといった気持ちで製作しました。

チームPR

Facebookで知り合った仲間たちとチームを結成しました。 関西メンバーが多く、笑いの絶えないコメントのやりとりが特長です。 (携帯の電池消耗が激しいです 笑)
地域の垣根を越えて自転車生活を、笑う、楽しむを20歳以上のかたメインの会です。
参加資格は、唯一、楽しむこと!
自転車を持っている、持っていないは関係ありません。
興味があればOK!

facebookページの投票はこちら☞

保存

Entry No.8  TADAIMA 100%

ジャージコメント

100%「ただいま」が言える自転車生活❗

チームPR

家族が待つ自宅へ怪我なく事故なく100%「ただいま」って帰宅を願う。
イベントやレースで仲間の待つもとへ100%「ただいま」って完走を願う。
ただいま絶好調!100%、気力体力共に健康であり続けるコトを願う。
...コレ以下もコレ以上もない、コレがあっての自転車生活。むろん交通ルールを守り、紳士淑女であることが前提です♪
そんな自転車生活を願う自転車乗りと、その家族、その仲間が集まったチームです(^O^)

facebookページの投票はこちら☞

保存

Entry No.9  爆笑!茶利坊主団

ジャージコメント

山岳賞ジャージかと思いきや、良く見りゃ赤い水玉ではなく赤りんご。あちら着るのがドMなら、こちら着るのはドA(アホ)。山岳走って遭難した際に遠くから見つけ易いのが特長。時には美味しい林檎、時には毒林檎。そんな妖しく美味しい林檎にあやかった次第。Venga!Venga!は人々にエールを送る言葉。背中には妖しく光るイラスト顔。これなら迷子になった時の目印に超便利。笑笑!

チームPR

週末中心に都内近郊から横浜・湘南、たまに奥多摩、はたまた千葉の山々と、神出鬼没に出没して走り廻る「爆笑!茶利坊主団」。
時にはレースを走り、時にはボランティアライドに足繁く出没。交通ルールマナーを守り「清く!楽しく愉快に!走る」がチーム・コンセプト。
もし何処かでこのジャージを見掛けたらご注意召されムーチョ♪ 一瞬にして腹が捻れて笑い転げるのは必至。特に背中のイラスト。笑笑! (茶利坊主団ジャージ着用者全国約100名散在)

facebookページの投票はこちら☞

保存

Entry No.10  maemuki

ジャージコメント

大好きな可愛らしいアヒルちゃんをベースに。 〇ちゃんねる風な感じでメッセージを主張してみました。 堅苦しくないゆるふわな感じが持ち味です。

チームPR

のんびり走ろうと集まった仲間で制作したジャージです。 なので前は牽けませんから後ろに付くな!のメッセージがメインで入っています(笑) もちろん並走もダメ~~(笑) 一説にはゴルゴ13の俺の後ろに立つな!もちょっと入っているようです(笑) ゆるーい感じがモットーな自転車仲間の集まりで出来たジャージです。

facebookページの投票はこちら☞

保存

Entry No.11  Team Hetalle SAKAIGAWA LOVERS

ジャージコメント

国際レースのチャンピオンの証でもあるアルカンシェル(レインボーライン)を取り入れ、遠くからでもわかりやすいデザインにしています。
レインボーラインは片袖のみにしているところもポイントです。
背中の部分には好きな国旗やロゴを選ぶことが出来て、同じデザインが無い!という他ではあまり見かけないジャージです。
白のベース色以外にも黒や赤のジャージもあり、その日の気分により違う色も楽しめるチームジャージとしています。
シンプルなデザインではありますが、大人数が集まるイベント等ではメンバーがすぐに発見出来て、かなり目立ちます。(笑)

チームPR

境川サイクリングロードを根城に「美味しいものを食べる」ことを目的に愉快に走っております。
基本はゆるポタグルメライド主体のチームで、「村(湘南国際村)・平(湘南平)・峠(ヤビツ峠)は禁止」という坂禁止の掟があるヘタレな自転車乗りの集まりです。(掟破りなメンバーはほとんどですが・・・)
平均年齢は高めですが女性の参加も多く、華やかな自転車チームです。

facebookページの投票はこちら☞

保存